Q&A

よくお受けする質問についてまとめたQ&Aです。

Q

礼拝とはどのようなものですか?

A

礼拝は、神によって呼び集められた人たちが、主なる神に賛美と感謝、悔い改めの声と祈りをささげ、確かな救いを告げる神の御言葉を聴く恵みにあずかります。それは、人間の魂が正しく健やかに生きるための糧となるものです。日曜日は、神がお定めになった聖なる日であり、礼拝を行うためにある日です。

Q

礼拝に出席する時はどんな準備が必要ですか?

A

礼拝や教会で行われる諸集会は誰にでも開かれているものです。初めてであっても特別な備えは必要ありません。服装も普段外出する時のもので結構です。聖書、讃美歌は教会でお貸しします。聖書は財団法人日本聖書協会が発行している『新共同訳聖書』、讃美歌は日本基督教団出版局が発行している『讃美歌21』を用いています。どちらも一般書店で購入することができます。

Q

礼拝や集会では料金を求められますか?

A

三軒茶屋教会では入場料・受講料・拝観料といった料金を請求することは一切ありません。また物品の購入を無理に求めることも一切ありません。礼拝の席上にて献金がありますが、主なる神が与えてくださった尊い恵みに感謝をもって応えるためのものです。教会員は教会を維持していくための「月定献金」をささげますが、新来会者が強要されることはありません。献金は、教会堂を維持・管理するために用いられる他、日本基督教団や内外の奉仕団体が行う事業にも献げられます。

Q

洗礼とは何ですか?

A

洗礼は主イエス・キリストが定められた礼典(式)です。洗礼は、「イエス・キリストは自分の救い主である」と、神と会衆の前で告白する者が受けるものです。洗礼を受けた人は、イエス・キリストの十字架と復活に結びつく人となり、神のものとされて罪が赦された人となります。そして神の国に連なる人とされます。洗礼を受けることによってその教会の教会員となります。おはらいや厄払いとは全く別のものです。

Q

礼拝の中でパンとぶどう酒が配られる時があるそうですがそれは何ですか?

A

教会では聖餐と呼ばれている典礼(式)です。成人洗礼を受けた人と幼児洗礼を経て信仰告白をした人だけが頂くことができます。聖餐によって、神の子イエス・キリストの十字架と復活によって自分が救われた身とされたことを再度自覚し、キリストが自分を贖ってくださったお方であるという信仰が養われていきます。

Q

プロテスタント教会とカトリック教会はどう違うのですか?

A

双方とも教会であることには変わりありません。プロテスタント教会は、16世紀のヨーロッパ(おもにドイツ、スイス、英国)において、ローマ法王を頂点とする教会組織と礼拝形式の改革を目指して、当時のローマ・カトリック教会から離れて成立した教会を源流とします。プロテスタント教会は福音主義教会と呼ぶ場合もあります。双方の教会とも強調点の違いがありますが、同じ聖書を読み、日曜日の礼拝(カトリック教会では「ミサ」)を守っています。

Q

小さい子供が一緒でも構いませんか?

A

日曜日の礼拝では、礼拝堂の後方にあるベビールームを利用することができます。また、日曜日の9時30分から教会学校の礼拝と分級があり、乳幼児からでも親子で参加することができます。

Q

結婚式や葬儀を教会で行うことはできますか?

A

結婚式や葬儀は、原則として教会員とそのご家族が対象となります。貸ホール等の施設やご自宅での式も行うことがあります。教会員とその家族以外の方でも、特別な事情やご希望がある場合には牧師までご相談ください。なお、三軒茶屋教会では、都立小平霊園内に教会墓地を備えています。

Q

車椅子を使用することはできますか?

A

礼拝堂(地階)へのエレベーターがありません。車椅子をご利用する際は、入り口に近い1階バルコニーにおいて礼拝に出席できます。お手洗い(1階)は車椅子対応です。

Q

駐車場・駐輪場・バイク置き場はありますか?

A

専用駐車場はありません。近隣の公共駐車場を御利用ください。自転車とバイクは置く場所があります。

Q

礼拝に出席するには事前に連絡が必要ですか?

A

礼拝や集会に出席するための事前連絡や予約は必要ありません。特別な事情がある場合には、ご連絡いただければ配慮いたします。また、礼拝堂での席はどこにお座りいただいても構いません。