公開講演会のお知らせ

科学的根拠に基づいた「がんの予防」
講 師 :新井達太(当教会員)

我が国とフランスでは、がんが死因のトップとなっています。他のほとんどの先進国では、循環器疾患(心臓発作と脳卒中を含む)が死因のトップで、全死亡数の3分の1から半分を占めています。昨年7月31日の講演会 「メタボリックシンドロームと生活習慣病の予防」(講師:新井達太兄)では、たいへん大きな反響を頂きました。本年は「がん」をテーマに、日米の比較観から鋭い切り口でお話しいただく講演会を開催いたします。どうぞ、お気軽にご参加頂きますよう、御案内申し上げます。

日 時 : 2012年9月16日(日) 午後12:30より
場 所 : 当教会2階 集会室
     当教会への道順は、本HP上の”アクセス”をご参照ください。
入場無料 《当教会に初めての方でもお気軽にご出席ください》
主 催 : 当教会壮年会

【講師のご紹介】
新井 達太 (埼玉県立循環器・呼吸器病センター名誉総長)
   1925年 埼玉県秩父市仲町生
   1953年 東京慈恵医科大学卒業
   1954年 東京女子医科大学に入局
   1972年 東京慈恵医科大学教授
   1991年 埼玉県立循環器病センター準備に参画
   1994年 埼玉県立小原循環器病センター総長
   1997年 同センター名誉総長
 他、日本胸部外科学会、日本人口臓器学会の各名誉会長、日本心臓血管外科学会名誉会員。
当教会では聖歌隊をはじめ、各会で活躍され、御自身でギリシャ語の新約聖書を紐解くご努力を日々されています。
著書は、「外科医の祈り」(メディカルトリビューン)、「心疾患の診断と手術」(南江堂)、他多数。

カテゴリー: 教会行事のご案内   パーマリンク